yutoriiro

日々の暮らしに、ほんのひと手間のゆとりを…

石けん生活

2012
06
石けん

最近気が付いたこと…水仕事をしている割には、手が荒れていない?
これって石けんを使っているから…?

どちらかというと肌は弱い方で、香料が強かったりするとかゆくなったりかぶれたりします。
だからというか、当たり前のようにというか…うちには合成洗剤等がほとんどありません。
いざという時のために塩素系漂白剤が1本ありますが、めったに使わないので小さいボトルでも何年ももちます。

弟がアトピーだったからか、元々実家でも洗濯からシャンプーetc、すべて石けん系のものでした。
石けんは水道水と合わさると、石けんカスができてしまうので、洗濯機は2層式です。
面倒かと思われそうですが、水が下から落ちてあの石けんカスが洗濯物に残ったままと思うと、
全自動洗濯機を使う気にはならないのです…。
当たり前に使っているので、特に不便ということもありません。
デジタルなのも使いにくい…シンプルに回すだけの方が、私は好きです。
基本、昭和くらいの生活がちょうどいいと思っているので…


すべてしまいこむと使いにくい…でもそのままのパッケージで出しておくのは見た目的に…
ということで、クリアーのパッキンタイプの容器に入れています。
以前のせるだけの蓋つき容器に入れていたら、真下にある洗濯機に落下…
ということがあったので、それ以来密閉式の容器にしています

左の大きいのが、洗濯用の粉せっけん
石けんで洗っていると、どうしても洋服が黄ばんできます。
子どもの頃は、特に運動会の時に体操着が黄ばんでいるのが目立って嫌でした。
でも、娘たちはさほど気にしていないようで…
体操着と言っても、形だけ決まっていてそれぞれが用意していてバラバラだからか…今年の運動会を見て思ったことは、うち以外にも結構黄ばんだ体操着を着ている子がいるということ

この粉せっけんは、台所でも同じものを使っています。
桶にこの粉せっけんをお湯で溶き、食器をつけて洗っていき、濯ぎます。
油汚れもすっきりきれいに落ちます
食洗機はありません…その分、収納場所がなくなるのが困るのと、お料理中のものはその場で洗ってしまうのであまり必要性を感じないので。
台所には、お料理中にお肉を切ったりしたものをさっと洗うために液体せっけんも置いていますが、
汚れ落ちは粉せっけんの方がダントツです
そして、台所に欠かせないのが、重層
油汚れにも焦げ落としにも活躍してくれます。

写真右の2つは酸素系漂白剤アルカリウォッシュ
大体のシミは酸素系漂白剤を使えば落ちます。
アルカリウォッシュは血液汚れに効果があります。
薄めた液に浸けておくと汚れが浮いてきます。
薄めたものをシャツの襟にシュッ!とするのも良いのですが、襟汚れは洗濯用の固形石けんで洗うのがきれいに落ちるような気がします。

クエン酸

洗面所には他にクエン酸があります。
ガラスのこしょう入れ(?)に入れて、洗面台の棚に!
インテリアも兼ねて、使いやすい所に置くことでこまめにお掃除
洗面ボールやお風呂場の鏡の汚れ落とし、重層と合わせて排水溝汚れに!
この容器、実は100円均一で購入したもの。
同じ容器に入れて、トイレには重層が置いてあります。
トイレ掃除は、普段は濡らしたトイレットペーパーで拭いたり、ブラシだけでこすっているだけです。
これもトイレに入ったついでにやる程度…そんなに丁寧にはしていません
で、ごくごくたま~に重層や粉せっけんを使ってお掃除します。


普段は簡単にこまめにお掃除することで汚れをためなければ、強い洗剤を使うこともないし、
色々な種類の洗剤も置いておく必要もなし
人にも環境にもやさしい石けん、皆さんも使ってみませんか?


関連記事
スポンサーサイト

0 Comments

Add your comment